離煙パイプ - 禁断症状のない禁煙方法があった

禁断症状を感じない禁煙方法。離煙パイプでストレスなく禁煙に成功してください。

離煙パイプの価格

離煙パイプの価格について紹介します。

離煙パイプは、No.1からNo.31まで31本のパイプと説明ガイドブックがセットになって、 価格が12,600円(税込)です。

もしかすると、この価格は高いと感じるかもしれませんね。

でも、離煙パイプを使うことで禁煙に成功し、今後タバコを必要としなくなると考えたら、とても安い買い物です。

自分も元喫煙者でしたから分かりますが、目の前のタバコに使う300円は惜しくないのです。そして、それが積もって一ヶ月で一万円くらいかかったとしても、それはそれでOKと考えてしまうのですね。

長年の喫煙によって体に不調をきたしてきたのかも知れませんし、家族が心配して禁煙をすすめてくれるのかも知れませんが、もう一度タバコを吸うことについて、ちょっと考えてみるといいかもしれません。

離煙パイプの価格は、一日1・2箱吸う喫煙者でしたら約一ヶ月でもとがとれる価格です。禁煙に成功することができたら、ほとんど税金の塊であるタバコを買い、自らすすんで体を痛めつけることもなくなります。

離煙パイプのツボ

離煙パイプが膨大な実験の結果、3%ずつニコチンをカットするという結論に達し、禁断症状を感じることなく、いつのまにか以前のようにタバコを美味しく感じさせなくなる禁煙法だということはお分かりいただけたと思います。

離煙パイプを使った禁煙法は、理論的にも納得でき、とても優れた禁煙法だと思います。

しかし、離煙パイプのもっとも優れているのは、
「今まで通りにタバコを吸って構わない。」

ここだろうと思います。

「禁煙」の二文字が頭をよぎった愛煙家は、禁煙することに対して身構え、タバコを吸えないことに強迫観念を抱きます。実際には禁煙とは、「今吸っているタバコを消して、もう吸わない。」たったこれだけの行為です。

たんに、もうタバコを吸わなければいいんだから何も難しいことはないんですが、喫煙者にとってはそう簡単にいきません。

この心理的な壁を取り払っているのが、離煙パイプの優れたところでしょう。
矛盾しているようにも感じますが、禁煙に向かったチャレンジをしているのに今まで通りにタバコを吸っていいんです。ただ離煙パイプを付けるだけ。

いますぐにタバコを取り上げられるような感覚に陥ることがありませんから、喫煙者にとっては禁煙への敷居が低くなります。

しかも、味も変わらないし、今まで通りに吸っていいのですから、そこには「我慢」というものがありません。我慢する禁煙は、タバコが必要なものであり、美味しいものである。という前提です。

タバコを辞められないのは、ニコチン依存によるところが大半ですから、ストレスを感じることなく、禁断症状もなく、いつの間にかタバコを美味しいと感じなくなる。

「もうタバコ吸わなくていいんじゃないかな。」
こういう気持ちにさせることが離煙パイプの目的です。

この段階から、ずっとタバコを吸い続けるのか、
それとも完全に禁煙するのかは、その人次第といったところのようです。

離煙パイプの秘密

離煙パイプの使い方が、とても簡単だということはお分かりいただけたと思います。味も変わらないし、本数も減らさない、ただ離煙パイプを付けてタバコを吸うだけですから。

では、なぜ「今までどおりタバコを吸っていい。」
にもかかわらず、多くの人が禁煙に成功してしまうのか。
それには秘密があります。

その秘密とは、離煙パイプのもつ3%という数字にあります。

なにが3%なのかというと、離煙パイプがニコチンをカットするパーセンテージが3%なのです。最終的には完全禁煙に至るためのパイプですから、ニコチンをカットするのは当然です。

タバコの味は変わらないといっても、本当になにも変わらないのであればパイプをつける意味はありません。ここで、わずか3%ずつ、確実にニコチンをカットすることに秘密があります。

それまで吸っていた強めのタバコから、急に弱いタバコに変えたとき、
なんともいえないスカスカ感や物足りなさを感じた経験がある方も多いと思います。

喫煙者は、それまで体内に取り入れていたニコチンの量が減ると違和感を感じるのです。実験によると、たった5%ニコチンが少ないだけでもストレスを感じるそうで、膨大な実験の結果、ニコチンを3%減らす。という結論に至ったそうです。

3%ニコチンが減ったことに体は気づきません。
ですから普段どおりに、禁断症状を感じることなくタバコを吸うことができます。

たった3%ではありますが、2日で6%、3日で9%、10日で30%と確実にニコチンをカットできます。この、ストレスを感じることなく、段階的にタバコのニコチンをカットできるところがポイントでしょう。

ニコチンが減っていることに気がつかない体は、もともとの正常な機能を取り戻していき、次第にニコチンを受け付けなくなってくるのです。

離煙パイプは理論的にも納得できる禁煙法ですね。

離煙パイプの使い方

まず、離煙パイプの使い方について紹介します。
No.1からNo.31まで31本のパイプとガイドブックがセットになって、
価格が12,600円(税込)です。

そして、その使い方はいたって簡単。

No.1の離煙パイプをタバコに装着して、普段どおりにタバコを吸います。
銘柄も変える必要はありませんし、本数すら減らす必要もありません。

そして次の日はNo.2、また次の日はNo.3というように使うパイプだけを換えていきます。

たったこれだけです。
離煙パイプをつけているという違いはあるのものの、体験した人が口をそろえて、「こんなんでやめられるわけないだろ」といい、半信半疑で使い始めるのもうなずけます。

離煙パイプを使い始めて最初の数日は、なにも変わらない。
と感じるでしょう。

しかし5日、10日、20日と過ぎていくうちに、
その心と体には大きな変化が現れてくるはずです。

のどの痛みがへったりと、体の調子が良くなってきたり、
以前のように強烈にタバコを求める気持ちがなくなっているでしょう。

そして31本目の離煙パイプを使うころには、
なんと95%ものニコチンをカットすることに成功しているのです。
いつ完全に禁煙してもおかしくない状態です。

以上が離煙パイプの使い方です。
すごく簡単じゃないですか。

毎日違うパイプを使うだけ、好きなだけタバコを吸っていい、
好きなタイミングで完全禁煙を決断する。
これだけです。

離煙パイプの紹介へようこそ

「今まで通りにタバコを吸っていい?!」
そんな変わった禁煙法があるのを知っていますか?

それは、離煙パイプを使った禁煙法です。

今まで通りにタバコを吸って構わないわけですから、ストレスを感じることもありませんし、パイプを付けるだけでタバコの味も変わりません。
でも、いつの間にかタバコが美味しく感じなくなってくる。

芸能人や作家、医師にいたっても、
半信半疑で始めた多くの人が、この離煙パイプを使って禁煙に成功しています。

このブログでは、そんな不思議な離煙パイプの仕組みや使い方、また禁断症状やタバコの害など、禁煙に関する情報を紹介していくつもりです。

 | HOME | 

Calendar

10 | 2017-11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

禁煙マスター

禁煙マスター

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks